まいど、どうも。
こんばんは。

アルミ一輪車の修理を頼まれました。
仕事で溶接とかやっているのでたまにこういった事があります。
IMG_5719
なんか前の部分が伸縮できるようになってます。



IMG_5720
荷物、重いものを載せて衝撃でも加えたのかしれないが、グレートな壊れ方です。
床抜けて、、
主にタイヤ周りの部分が壊れています。
 IMG_5721
本体が薄いからか溶接部分ごと両方とも外れています。
重さでこういった壊れ方をしたのかな??
IMG_5722
このままだと厳しいので補強の板を入れて溶接。
その辺に転がってた板、ちょうどいい幅のアルミ板があったので。

まあこれでここの部分は多分大丈夫でしょう!

IMG_5723
残りの破断していた箇所も溶接。
後タイヤも逝かれていたので交換しました。

鉄やステンレスなどは直流溶接でアルミの場合は交流溶接になります。
直流の鉄等は個人、素人でも結構気軽に出来ると思いますが、アルミはそれなりの溶接機がないと無理なので難しい。

綺麗にに溶接するには、溶接部分の汚れをしっかり落とし綺麗にしてから。
面倒だからあまりしませんがプロの方はちゃんと脱脂してから溶接するようだ。


私もアルミは滅多にやらないし、それほど知識もない。
 勉強中です('Д')
 
では。。