まいど、どうも。
ありがとうございます。

今日は朝から寒い日でした。
朝の時点では薄っすら雪が積もってましたが、すぐに溶けてしまいました。

こう寒いと遠慮なく火も燃やせますな。
ってことで昨日フラットバーで作った本棚の金具を油焼きしてみました。
鉄ってのは塗装とか何らかの表面処理をしておかないと錆びてしまいます。
酸洗の板とか磨き材とかは油塗らずにほっとくとスグに錆が出てきます。

黒皮の材料だとそんなにすぐに錆びたりはしませんが、そのうち錆びてくると思います。
何もしないとね。。

IMG_6011
これは、油塗ってストーブの中に入れただけですが。これは正しくありません。

油焼き。
簡単に言えば中華鍋の表面の様な感じに仕上げることですかね。

綺麗に仕上げるにはどうするか。

本来はまず表面をしっかり錆びらせてからです。
表面が綺麗だと上手く油が乗りません。
ちょっとブラストとかで荒らすと良いかも。

そして菜種油を塗り焼き、塗り焼き、置き焼き・・・を繰り返し良い感じの色が出たらやめます。

IMG_6012
ストーブの天板の上で油塗りぬりしました。
炉の中だと高温過ぎて加減が必要です。

温度上げ過ぎると油が焼き切れて白くなってしまうので注意が必要です。

このストーブ天板も写真は良い感じの色になってますが、ガンガン燃やすと500℃を超える部分があり、そこはやはり油が焼けきって被膜がなくなってしまいます。

ま、今回はボロイ感じが出ればOKなのでかなり適当です。


IMG_6013
昨日作ったフェンダー。
塗装前の余熱中です。
パッと見ビザ窯の様です^^



では(^^)/